水戸黄門ご一行、台湾をゆく


2週間ほど前のこと。
家内の休暇に合わせて9月下旬、台湾に行くことを決めチケットを取りました。
台湾は2人とも行ったことはありますが、揃って行くのは初めてでしたが、
この際ということで、家内の提案で義母を誘いました。

今まで何度か誘ってはいるのですが、
「いない間のお義父さんのご飯をどうするか」などなどの理由で、
今まで行かずじまい。
でも今回はお義母さん・・・真剣に考えた末、
「行く」という返事でした。

ううむ・・・嫁と義母との三人旅かあ。
チケットも追加1人分取れたし、たまに義理の母に親孝行も良かろうと、
実母にその話をしたところ、
「私も行こうか?」と切り出されました。

「え?」
・・・と、中途半端な返事する私に
「あたしは何度も台湾行ってるから、どっちでもいいのよ。
 でも三人旅は独り乞食って言うじゃない。
 3人の旅行は数が良くないの」と母。

私はといえばモゴモゴと中途半端な返事をして
(ホントは本気なのわかってましたが)、
1週間以上、チケットを取らずに放置したところ、
待ち切れず電話がかかってきた挙げ句、
こちらがが何もしなかったことで低気圧に突入。

考えてみれば、そりゃそうです。
義理の母を台湾に誘って、実の母を誘わないなんて、気持ちいいわけがない。
去年、母とは「飛鳥2」のクルーズで2週間一緒に旅行したから
別に構わんだろうと勝手に思っていたのですが、そーゆーもんじゃないんだよね~。
今回は嫁も一緒だから少し事情が違いますし・・・。
ううう。

幸い同日の往復チケットは残りがあり、
昨日、休暇をとっていた家内と一緒に実家に訪れたところ、
どこがどうなったのか弟も一緒に、という話に発展。

おおおお、水戸黄門御一行じゃないけど、
どんどん人数が増えていくではないか!
チケットは最後の1枚があって、無事にゲット。
代理店の担当者は笑ってましたな。

というわけで、総勢5人の大所帯で台湾に向うことになりました。
家内には「みんなをしっかりまとめなさい」と言われましたが、
そんなこと出来るワケないだろう~!
(義父は別に体がわるいワケではありませんが、
 出不精な人なので、最初から数に入ってません)。

写真は台北は中山駅近くの屋台です。
それはそれで屋台で食べるのは楽しみだな。

水戸黄門ご一行、台湾をゆく” への4件のコメント

  1. 行ってらっしゃーい!
    アジア方面に出掛けると、中国系の人々が大家族で円卓を囲んでいるのをよく見かけます。
    画伯のおうちも楽しい旅行になりますように!

  2. 私のミッション
    あ@花さん、おはようございます!

    いや~、けっきょくこういう方向に行ってしまいました。
    一昨日は親爺の霊前にお線香をあげて報告。
    気のせいか、遺影が笑ってるように思えました。

    みんなに楽しんでもらうのが、私のミッションですね~。

  3. 仲良きことは
    マスオさん

    仲良き事は美しきかな!
    義理の関係をまとめるのは大変なこと。
    ミッション、ご無事に果たしてきてくださいね。
    たとえゴタゴタしたとしても、それはそれでいい思い出になりますから。

    それにしてもおトウさんのゴハン、気になりますね。
    あの年代の方はどうも〔おトウさんのゴハン〕は一大事のようですから。

  4. おトウさんのゴハン
    すずめさん、おはようございます!

    コメント、ありがとうございます!
    義母は今から〔おトウさんのゴハン〕をどうするか算段中。
    気合いが入りまくってまして、
    携帯も国際電話ができる機種にモデルチェンジするみたいです。

    これもなるべくしてなる、
    という運命でしょうか。
    ううう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>